【あっさり系】今日の飲み物:ヤクルトの「ミルミル」を飲んでみる!

第57回ヤクルト ミルミル

ロングセラーな飲み物で、その発売年は1978年であるようです。2005年に一度終売された事があるものの、2010年に新バージョンとして見事に復活。そして今に至るといった感じ。

ミルミル01

復活モノの食品というと、カップ麺の「ラ王」(終売してすぐ復活)やお菓子の「ムギムギ」(製造メーカー移籍で復活)なんかを思い出したりするのですが、ミルミルもまた復活モノだった、といったわけですな。実にミルミルは5年のブランク期間があるようです。

そしてミルミルは時々むしょうに飲みたくなって、定期的に飲んでる飲み物でもあります(`・ω・´)

乳酸菌飲料自体、何となく「乳酸菌をとらねば!」みたいな気分になってきたら、しげしげと飲んでる気もするけど。

・特徴など

ジャンルとしては内容量100mlのパック入りはっ酵乳といった感じ。量的にはちと少な目。

そして、ビフィズス菌BY株なるものが入っているようです。一時期ビフィズス菌ってテレビとかでよく宣伝されてて、乳酸菌の代名詞みたいなイメージだった気がする。

ミルミル02

・とりあえず開封!

ミルミル03

・グラスに注いでみる!

にんじん汁が入っている、というのもあって少しオレンジ色がかってもいます。カメラがしょぼいのであんまり色は出てないですが、現物はもうちょっとオレンジ色が強め。

ミルミル04

・さっそく飲んでみる!

ほんのりたした甘味で非常にやさしい感じの味。乳酸菌飲料的な酸味はほとんどなくて、かすかに感じられる程度の味です。飲みやすさはダントツな感じの飲み物。

感想としては全くクドく無く、クセがほとんどないのがお気に入りといった感じ。また、クセはないけど「ミルミルの味だ」とすぐに分かる個性のある味わいも良かったりします。結構昔から好んで飲んでる、馴染みある飲み物です。

お気に入り度としては、かなり高頻度で飲んでたので4.7点。

賞味期限が意外と短いのがネックといえばネック。


【メーカー】:ヤクルト
【購入場所】:サークルK
【購入価格】:108円

お気に入り度(5段階) ★★★★  (4.7点)
栄養成分表示(100ml)当たり
エネルギー:88kcal 炭水化物:15.0g
たんぱく質:3.2g ナトリウム:41mg
脂  質:1.7g カルシウム:106mg
ビタミンA:25μg

【原材料表の部分】
ミルミル05

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする