長野の地サイダー:「信州ぶどうサイダー」を飲む!

第207回信州ぶどうサイダー

信州ぶどうサイダー1

信州、という事で長野県に行ったときに購入してきたサイダーです。

いわゆる地サイダー。同じシリーズ的な感じで「信州りんごサイダー」というものもあります。

日頃ぶどうを食べたりする機会は、実のところ意外と少なかったりするのもあって、実際のぶどうより、ぶどう味の何かを食べることの方が断然多いかな、といったところ。そして今回も、ぶどう味のサイダーだったりします。

ボトルのキャッチコピーとしては「信州産ぶどうの豊かな芳香とすっきりとしたfフレッシュな味わいといった感じ。

販売メーカーは長野市のプランニング・エメというところです。

・特徴など

内容量340mlのビン入り炭酸飲料。

無着色・無香料が特徴のようです。信州産ぶどうが使用されており、果汁は10%未満。

信州ぶどうサイダー2

・とりあえず開封!

フタはゴールドの無地といったデザインのキャプ。

信州ぶどうサイダー5

・そして、グラスに注いでみる!

信州ぶどうサイダー3

・のども渇いてきたので、さっそく飲んでみる!

ぶどうのサイダーという事で、ご当地ものとしてはキワもの路線ではなく正統派路線な味。正統派ゆえにある飲んでおどろく、といったタイプではないですが、逆にハズすような要素も無く、後味やぶどう感はなかなか良しといったところ。炭酸強度は普通くらい。

信州に行ったときの、ちょっとしたみやげものとしては向いてそうなサイダー。


【メーカー】:プランニング・エメ

お気に入り度(5段階) ★★★★★  (3.2点)

【原材料表の部分】
糖類(果糖ぶどう糖液糖)、ぶどう果汁、酸味料(クエン酸)
信州ぶどうサイダー4

【成分表:なし】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする