乳酸菌入りココア?:ドトールコーヒー「乳酸菌チョコラータ」を飲む!

第247回乳酸菌チョコラータ

ドトール 乳酸菌チョコラータ1

乳酸菌?

なのにチョコとはこれいかに?

と思ったりもしたので、さっそく購入。ヨーグルトの味でもしてきそうな気がするのが結構気になるところ。

そんな感じで、さらっと原材料を見たところでは乳酸菌乾燥粉末(殺菌)というのが含まれているようです。

販売はドトールなのですが、製造のメーカーは福島県の酪王乳業。まだ飲んだ事は無いけど「酪王カフェオレ」という飲み物が気になってたのもあり、名前だけは知っているメーカーといったところ。

ドトール 乳酸菌チョコラータ2

・とりあえず開封!

チルドカップという事で、ストローを通して飲むタイプです。ちなみにチョコラータ(Cioccolata)というのはイタリア語で、もちろんチョコレートの意味。

内容量は220mlでカロリーは1本164kcal。

ドトール 乳酸菌チョコラータ3

・グラスに注いでみる!

においはほぼチョコレートな感じで、ヨーグルトチックなにおいは特に感じられません。

ドトール 乳酸菌チョコラータ4

・のども渇いてきたので、さっそく飲んでみる!

こってり感のある喉ごしで、ズッシリした濃厚感のあるココアのコクもあり、後味にはチョコのほろ苦さが効いています。

気になる乳酸菌の味はというと・・・多少酸味はあるけど、元のココアの味と言われてしまえば分からないぐらいの酸味。少なくとも出しゃばって酸味が前に出ているぞ、という事はありません。

ココアとしての美味しさは十分に備わってるかな、といったところ。

お気に入り度的には3.8点といった感じ。

甘いものを飲みたいときにはやはりココア!な飲み物。


【メーカー】:ドトールコーヒー(販売者)、酪王乳業株式会社(製造者)
【購入場所】:サークルK
【購入金額】:185円(税込み)

お気に入り度(5段階) ★★★★★  (3.8点)
栄養成分表示(1本220ml)当たり
エネルギー:164kcal 炭水化物:25.8g
たんぱく質:5.5g ナトリウム:98mg
脂  質:4.3g

【原材料表の部分】
生乳(50%未満)、乳などを主要原料とする食品、乳製品、ココアパウダー、果糖、チョコレート、食塩、乳酸菌乾燥粉末(殺菌)、セルロース、安定剤(増粘多糖類)、香料、乳化剤、(原材料の一部に大豆を含む)
ドトール 乳酸菌チョコラータ5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする