沖縄の地コーラ:「IESODA XXX BLACKCANE COLA」を飲む!

第288回イエソーダ XXX ブラックケインコーラ

BLACKCANECOLA1

沖縄の伊江村というところのご当地飲料といった感じ。

いざ沖縄に行ってきた・・・というわけでも無くて、愛知県内の「にしお岡ノ山」という自分の住んでる地域の道の駅で発見しております。

一時的に置いてあるだけの可能性もあるけど、道の駅は遠くのエリアのご当地飲料がしれっと売ってたりする事があるので、結構飲み物探しには重宝してたりしてるかも。

いつか遠くのエリアにも探しに行きたい気がする(`・ω・´)

・特徴など

伊江村(もしくは伊江島)のソーダなのでIESODA(伊江ソーダ)であるようです。

伊江島の湧出(わじぃー)という水源の水で作られているのと黒糖が入っているのが最大の特徴で、実際に原材料を見てみると、黒糖と書かれています。

沖縄というと黒糖を思い出したりもするので、ご当地感はなかなかありそう。

ちなみに、CANEの意味を調べてみると、「茎」といった意味のようです。黒い茎?黒砂糖なんだろうか?

BLACKCANECOLA2

・とりあえず開封!

キャップは銀色のほぼ無地に近い非常にシンプルなデザイン。

BLACKCANECOLA3

・グラスに注いでみる!

黒色のまさにコーラといった見ためです。泡の出方からすると、炭酸はそれほど強くなさそう。

BLACKCANECOLA4

・のども渇いてきたので、さっそく飲んでみる!

「なかなか酸味がある!」といった具合に酸味の結構目立つ味で、後味に独特の甘さも感じられます。時々黒糖感がフッと前に出てくる感じが、ならではといえそう。

炭酸は微炭酸~普通くらいの強度といった感じで、喉にがっつりくる刺激と言うほどでは無く、スッキリ飲みやすい口当たり。

量は200mlと少な目なのもあり、一気に飲み切っております。

まさにご当地飲料といった感じはよく出ているコーラです。

なにげに、黒糖味のコーラって初めて飲んだ気がする。


関連記事沖縄の飲み物:「IESODA XXX PINK DRAGON」を飲む!


【メーカー】:伊江島物産センター
【購入場所】:道の駅(にしお岡ノ山)
【購入金額】:210円(税込み)

【栄養成分表:なし】

【原材料表の部分】
湧水、砂糖、果糖、カラメル色素、香料、酸味料、カフェイン
BLACKCANECOLA5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする