MILDなRAIZIN:大正製薬の「ライジンマイルド」を飲む!

ライジンマイルド1

ツンとした刺激感が特徴的なエナジードリンクシリーズ、「ライジン」の新商品。

・マイルドタイプのライジン

「ライジンマイルド」「ライジンドライ」といった感じで2種類同時に発売されている飲み物です。

ライジンドライのほうは数日前に飲んだので、今度はマイルドの方を飲んでみよう!

という事で、さっそくコンビニで購入してきております。

ドライはなかなか辛味があったのに対して、マイルドというくらいだし甘味があったりするのかな?とか思いつつ缶を眺めております。

DRYなRAIZIN:大正製薬の「ライジンドライ」を飲む!
今回コンビニで発見した飲み物は、妙にサッパリとしたデザインの白基調なカラーリングの缶のライジン。ライジンエナジードリンクというと、銀色の缶に大きく鷲のマーク...

・この飲み物の特徴など

白地にメタリックな青のひし形という、結構シンプルでスッキリしたデザインの缶。

小型の缶コーヒーサイズの炭酸飲料で、その内容量は185ml。

そしてカロリーは100mlあたり45kcal。1本あたり換算だと83.25kcalといったところです。

さらにはライジンシリーズの特徴と言えばショウガ。もちろん、このライジンマイルドにもショウガ抽出物が含まれています。

ライジンマイルド2

・とりあえず開封!

フタはオーソドックスなステイオンタブ式です。サクッと開封。

ライジンマイルド3

・グラスに注いでみる!

ライジンドライが黄色かったのに対して、マイルドのほうは茶色っぽいです。ドライとマイルドで結構違った印象。

ライジンマイルド4

・のども渇いてきたので、さっそく飲んでみる!

酸味の効いた味で、ドライとはかなり異なる風味。ショウガの風味も手伝って、結構キレのある酸味といえます。

マイルドということなので、そこまで鼻の奥に直撃するような刺激はないです。また、舌に残るホットさも、それほど無いかなといったところ。

酸味とうまくバランスとってるのもあって、生姜っ気のある味が苦手でもイケるんじゃないかなと思います。

自分としては口当たりも良く、エナジードリンク系としてはかなり好きな味。

サイズが小さいので携帯性にもすぐれているのも長所。

今日の飲み物:エナジードリンク「ライジンゼロ」を飲む!
大正製薬「ライジンゼロ」2017年9月19日に発売されているライジンシリーズの新商品です。缶のデザインは白色ベースでかなりシンプル。シンプル過ぎて、新発売されている...


【メーカー】:大正製薬
【購入場所】:サークルK
【購入金額】:206円(税込み)

・成分表と原材料

ライジンマイルド5

栄養成分表示(100ml)当たり
エネルギー:45kcal 炭水化物:11.2g
たんぱく質:0g ナトリウム:51.6mg
脂  質:0g

【原材料表の部分】
糖類(果糖ぶどう糖液糖、ぶどう糖)、ショウガ抽出物、酸味料、香料、保存料(安息香酸Na)、イノシトール、着色料(カラメル)、カフェイン、ナイアシン、甘味料(スクラロース)、V.B6、V.B2
ライジンマイルド6

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする