今日の飲み物:中元本店の「トビキリ 懐かしのフルーツクリーム」を飲む!

トビキリ懐かしのフルーツクリーム1

手書き感のある、「レトロな感じのビン飲料」のイラストが特徴的な飲み物。

広島県のご当地飲料的な感じなのですが、広島に行ってきたわけでは無く、いつものごとく近場の道の駅で見かけたので購入しております。

そして今回のフルーツクリームは「トビキリ」というシリーズの飲み物で、他にも玄米ジュースやミルクセーキ、大正檸檬、ミルクコーヒーといったものもあるようです。

全体的にレトロさがとびきりな感じのシリーズといったところ。

・この飲み物の特徴など

概要的には内容量180mlの清涼飲料水です。180mlなのもあって、ビンはちょっと小さめ。また、無果汁とあります。

そして、メーカーは広島県呉市の中元本店というところで、創業大正14年という何とも老舗な会社。手作り飲料、漬物、佃煮などを作っているそうです。

トビキリ懐かしのフルーツクリーム2

・キャップを開けてみます

トビキリと掛かれた茶色主体のカラーリングのキャップです。・・・というわけで、さっそく開栓!!

トビキリ懐かしのフルーツクリーム3

・グラスに注いでみる!

グラスに入れてと、白みがかった緑色の清涼飲料水。ちなみにクリームソーダでは無いので、炭酸は入っていません。

トビキリ懐かしのフルーツクリーム4

・のども渇いてきたので、さっそく飲んでみる!

さっそく飲んでみると・・・

うっすらとしたミルク感のある、何だか駄菓子的な甘ずっぱさのある飲み物です。

昔ながらのアイスクリームとかにも、こんなような味のものがあったりしたな、と思い返したりしてみると、メロンシャーベットみたいなアイスが思い浮かんだりもしております。

何の味だったかな~と思う事はありそうな、なつかしげな感じのある味。

「昔ながらのあじわいを」という事で、どことなくシンプルかつレトロ感のある飲み物といったところ。

広島の飲み物:中元商店「トビキリ本舗 玄米ジュース」を飲む!
広島の飲み物ですが、買ったのは岐阜の道の駅だったりします。以前にも、トビキリ本舗のフルーツクリームというのを飲んだのですが、それと一緒に買ってきたものです。...


【メーカー】:株式会社中元本店
【購入場所】:道の駅
【購入金額】:200円(税込み)

・成分表と原材料

【成分表:無し】

【原材料表の部分】
砂糖、ブドウ糖、脱脂粉乳、安定剤(CMC)、酸味料、香料、甘味料(ソーマチン、ステビア)、着色料(黄4、青1)

トビキリ懐かしのフルーツクリーム5