今日の飲み物:明治「ロカボーノ カフェラテ」を飲む!

第347回ロカボーノ カフェラテ

ロカボーノカフェラテ1

2017年6月6日に発売されている飲み物。

「ロカボーノ」という名前の通り低糖質がウリのカフェラテです。

低糖質系というと、飲み物ばかりでなく、カップ麺などその他のジャンルのものでも以前からチラホラと見かけたりするので、「ちょっと流行ってるのかな?」といったイメージだったりします。

・特徴など

内容量430mlのコーヒー系の乳飲料。「しまるボトル」という事で、ボトル型のパックに入っております。

カロリーは100mlあたり37kcal。1本あたりに換算すると159.1kcal。

そして、糖質は100mlあたり2.3gで、1本あたりに換算すると9.89gになります。

ロカボーノカフェラテ2

・ロカボの説明。

100mlあたり糖質2.5g未満を低糖質として表示している、とあります。

ロカボーノカフェラテ3

・とりあえず開封!

ボトル型なのでフタの開け閉めが出来るのが、紙パック飲料と比べての長所。ちょこっとずつ飲む場合にはありがたい仕様かも。

ロカボーノカフェラテ4

・グラスに注いでみる!

見た目のミルク感は低糖質ではあるけど、そんなにシャビッとしてるようでもなく、結構平均的な質感です。そして香りとしてはオーソドックスなコーヒー系乳飲料といった感じ。

ロカボーノカフェラテ5

・のども渇いてきたので、さっそく飲んでみる!

口当たりは低糖質ということで、比較的サッパリとしております。ミルクはそれほど強くなく、それゆえにアッサリ感ありといったところ。

そして、コーヒー感は苦味がビシッとくるほどでもなく、また「薄いぞ」というわけでもないぐらい。ミルクと比べると少しコーヒー寄りな味ですがバランスはとれてるかな、といった感じの味です。アッサリながらも、そこまでシャビシャビになってないのは良いところなのかも。

甘味も、カフェラテやコーヒー飲料系にありがちな「すごく甘い」という事もなく、どちらかというと軽いタイプなので、もちろんクドさも特に無かったです。

スッキリしたタイプのカフェラテが好きな人には良い感じの飲み物。

関連記事:低糖質系の飲料!:明治「ロカボーノ フルーツラテ」を飲んでみた感想


【メーカー】:株式会社明治
【購入場所】:ファミリーマート
【購入金額】:170円(税込み)

・成分表と原材料

ロカボーノカフェラテ6

栄養成分表示(100ml)当たり
エネルギー:37kcal 炭水化物:2.6g
たんぱく質:2.2g -糖  質:2.3g
脂  質:2.0g -食物繊維:0.1~0.5g
食塩相当量:0.081g

ロカボーノカフェラテ7

【原材料表の部分】
乳製品、コーヒー、乳たんぱく質、食用油脂、乳等を主要原料とする食品/安定剤(セルロース)、乳化剤、甘味料(アセスルファムK、アスパルテーム-L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)、香料
無脂乳固形分:4.0% 乳脂肪分:1.4% 植物性脂肪分:0.5%

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする