【たっぷり飲めてうまい】今日の飲み物:日清ヨーク「ピルクル」を飲む!

・今回の飲み物:日清ヨーク「ピルクル」

ピルクル1

・飲みまくれる乳酸菌飲料

ピルクルが発売されたのは1993年ということで、なかなかのロングセラー。昔からよく飲んでいる飲み物でもあります。

似たタイプの飲み物だとヤクルト系の飲み物が思い浮かぶんだけど、圧倒的に量が多く、ガブ飲みで思う存分楽しめるのがピルクルの魅力要素。

・特徴など

内容量500ml入りの乳製品乳酸菌入飲料で、カロリーは65mlあたり44kcal。1本あたりに換算すると、338.461538461kcalとなります。(計算合ってるだろうか?)

普通100ml単位で書かれていたりする事が多いはずなのになぜ65ml?と思ったりもしたんだけど、この65という数値は「1日にこのぐらい飲むと効果的だよ」といった目安であるようです。

・・・大抵ほとんどの人がそれ以上にガブ飲みしそうな気もするけど。

また、乳酸菌飲料ということで、カゼイ菌(NY1301株)というのが含まれており、65mlあたり150億個も含まれているようです。

ピルクル2

・とりあえずピルクルの名前の由来

1620年にイギリスからメイフラワー号でアメリカに渡った人たちである「ピルグリム・ファーザーズ・クルー」の略で、そのチャレンジ精神に共鳴して付けられた名前といった感じ。

ロングセラーな飲み物でもあるので、割と有名な話かも。

・トクホ

ある時期からトクホ(特定保健用食品)になったのも特徴。昔はトクホではなかったけど、いつの間にかトクホになってた感じです。

そして、箱の側面には「特定保健用食品」と書かれた部分があり、普通の紙パックよりほんのちょっと凝った作りに。

・さっそく開けてみます

あけぐちは昔ながらの紙パック式。

ピルクル3

・グラスに注いでみる!

肌色というかオレンジ色というか、乳酸菌飲料独特の色合い。

香りは乳酸菌飲料なだけあって、ヨーグルトチックな爽やかな香りをしています。

ピルクル4

・のども渇いてきたので、さっそく飲んでみる!

酸味が尖りすぎず、また甘すぎるわけでも無い甘酸っぱさがかなりウマイ。

スッキリとしつつもコクのある喉ごしのせいで、1口飲もうとすると5口飲みかねない不思議な勢いのある口当たりだったりもします。これがピルクルの最も好きな理由かも。

半分ぐらいにしておこうと思ったものの、これを書きながら飲んでいたら、またたくまに空に・・・。

そんな感じで、夏冬問わずに飲めるパワーのある飲み物かつ昔から愛好しているモノのひとつといったところで、最も好物な飲み物のひとつでもあります。


【メーカー】:日清ヨーク株式会社
【購入場所】:コンビニ(サークルK)
【購入金額】:130円(税込み)


・他のピルクル関連記事
関連記事ピルクル プレミアムリッチを飲む!
関連記事「プレミアムリッチ ピルクル バニラ」を飲む!

・栄養成分表と原材料

ピルクル5

栄養成分表示(65ml)当たり
エネルギー:44kcal 炭水化物:9.8g
たんぱく質:0.8g ナトリウム:5~20mg
脂  質:0.1g カルシウム:28mg

【原材料表の部分】

砂糖、ぶどう糖果糖液糖、脱脂粉乳、香料

無脂乳固形分:3.1%

ピルクル6

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする