今日の飲み物:サントリーの「ボス 直火焙煎」を飲む!

サントリー「ボス 直火焙煎」

自販機専用として発売されているボスです。

ボス 直火焙煎1

・この飲み物の特徴など

内容量185gの缶コーヒーで、サイズはよくあるタイプの普通の小さめの缶といった感じ。

とりあえず缶を見てみると、デザインはいかにも焙煎をイメージしてそうな、コーヒー豆と火。

カロリーは缶には表記されていないのですが、メーカーサイトによると100gあたり35kcal。一本あたりに換算した場合は34.75kcalとなります。

ボス 直火焙煎2

缶には直火でじっくり焙煎した香ばしい味わいのコーヒーにミルクを合わせた、寒い冬にぴったりの一杯といった特徴が書かれています。

ボス 直火焙煎3

・とりあえず開封!

開け口はオーソドックスなタイプ。ということで、開栓してみます。

ボス 直火焙煎4

・グラスに注いでみる!

缶コーヒーとしては、ミルク感ある感じの色合いです。

ボス 直火焙煎5

・のども渇いてきたので、さっそく飲んでみる!

結構甘味があり、さらには缶コーヒーとしてのミルク感もなかなかあり意外とマイルドな印象。

また、コーヒーの苦味も良い感じに出ており、酸味はあんまり無く、後味のコクもなかなかです。

意外と甘みがある割に口当たりはスッキリとした味でもあり、コーヒーやミルクとバランスが取れてたりして、飲みやすい印象でした。

悪くない味といった感じで、結構好みです。


【メーカー】:サントリーフーズ
【購入場所】:自販機
【購入金額】:110円

・成分表と原材料

栄養成分表示(100g)当たり
エネルギー:35kcal 炭水化物:6.8g
たんぱく質:0.8g ナトリウム:45mg
脂  質:0.5g カエイン:約70mg
カリウム:約90mg リン:約20mg

【原材料表の部分】

砂糖、牛乳、コーヒー、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、カゼインNa、乳化剤、香料、安定剤(カラギナン)

ボス 直火焙煎6

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする