カレーメーカーの飲み物:「オリエンタル グァバ」を飲む!

オリエンタルグァバ1

カレーのオリエンタルが出している飲み物。オリエンタルグァバに関しては旧ブログの時に既に書いてたものの、ちょっと飲みたかったので、ついでに再びネタにすることに。

この「オリエンタルグァバ」は、自分の住んでるエリア(愛知県)では普通に売ってる飲み物だけど、愛知や岐阜の道の駅や高速道路のサービスエリアでもオリエンタルのカレーと共に土産物コーナーに置いてあったりするのも見かけるので、案外ご当地飲料だったりするのかな?とも思われる飲み物です。

・特徴など

内容量250g入りの缶入り「20%グァバ果汁入り飲料」。細長めの缶に入っております。さり気なく缶のイラストの人物がのっぺらぼうだったりするのも特徴?

そして、グァバという果物も飲み物でしか見聞きしないかな、といった印象です。ふと考えてみると、スーパーなどでグァバの果実が売ってるのは見た記憶がないかも。

そして、カロリーは100gあたり46kcalで1本換算だと115kcalとなります。

また、販売会社であるオリエンタルは飲料からは手を引いているものの、この飲み物だけはまだ残っているとの事なので、案外人気の飲み物だったりするのかな?と推測してみたりするかも。

オリエンタルグァバ2

・とりあえず開封!

オーソドックスな缶飲料の開け口。という訳でサクっと開封。

オリエンタルグァバ3

・グラスに注いでみる!

白っぽく、まるで桃のドリンクのような色合いです。グラスの横から見て向う側が見えないくらいに透明度は低めです。

オリエンタルグァバ4

・のども渇いてきたので、さっそく飲んでみる!

オリエンタルグァバ5

桃のような感じなので、一見トロッとしてたりコッテリしてたりしてそうですが、実はそれほどトロッとしてたりする事は無く、マンゴーやパパイヤなどのトロピカルフルーツ系と比較すると口当たりはあっさりめ。

さすがに柑橘系ほどスッキリしていたりはしないですが、その代わりマッタリ感のある口当たりです。

そして、甘さもそれほど強くなく酸味も尖って無かったりもするので、意外とフラットな感じの飲みやすい味と言えます。

刺激感で勝負してくるタイプでもなく、また変なクセもあまり無いので、気に入り出すと結構飽きずに飲めるタイプの飲み物といったところ。

【メーカー】:オリエンタル
【購入場所】:スーパー

・成分表と原材料

オリエンタルグァバ6

栄養成分表示(100ml)当たり
エネルギー:46kcal 炭水化物:11.5g
たんぱく質:0.1g ナトリウム:4.6mg
脂  質:0.1g ビタミンC:29mg

【原材料表の部分】

グァバ、果糖ぶどう糖液糖、食塩、酸味料、ビタミンC、香料

オリエンタルグァバ7

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする