今日の飲み物:「A&W ルートビア」を飲む!

第397回A&W ルートビア

ルートビア1

個性的な味の飲み物として結構有名だったりもする炭酸飲料。

知名度は結構高そうな感じなので、そのうち飲んでみたかった飲み物のひとつだったのですが、名古屋の大須にある沖縄物産展みたいなところでたまたま発見したので購入。

何で沖縄の物産展にコレがあるのか・・・というと、A&Wという沖縄にしかないファーストフードのチェーン店があり、そこでルートビアが提供されていたりするので沖縄では比較的メジャーな飲み物であるからのようです。

・ルートビアの特徴など

内容量355mlの缶入り炭酸飲料。ビアと名がつくけどもちろん単なる炭酸飲料。

原産国はアメリカで、結構昔から存在しているらしく、1860年代ごろに誕生している年季の入った飲み物といったところです

カロリーは1缶当たり170kcal。

ルートビア2

・とりあえず開封!

開け口はごくオーソドックスな缶のタブ。

ルートビア3

・グラスに注いでみる!

濃い茶色の飲み物で、見た目はほぼコーラ。

ただしコーラとは確実に違うところがあって、匂いがかなり独特。よく湿布の香りがするみたいな評判は見たりするので「さすがにそれは大袈裟だろう」ぐらいのつもりで匂いを嗅いでみると、本当に本格的な湿布のにおいを放っています

なので、なかなかインパクトのある感じな香り。ドクターペッパーも割と独特なにおいがするものの、これのほうがはるかに個性強めといえます。

ルートビア4

・のども渇いてきたので、さっそく飲んでみる!

という事で飲んでみます。

炭酸はそこそこ強めの刺激感。

そして、味としてはコーラと比べるとまったりとした甘味が強く、酸味は目立たない程度にあるかないかといったところ。

飲んでいると湿布のような独特な香りが嗅覚を占拠するような感じになり、どこか漢方薬でもブレンドされているかのような複雑な味わいで、何だか良く分からないコクが湿布の香りをさらに引き立てています。

湿布みたいというか、湿布そのもののような香りは結構後を引き、余韻たっぷり。

好みとしてはにおいがちょっとキツかったのですが、味的にはとりあえずアリかなといったところでした。

・まとめ

露骨にクセがあるマニアックな味といったところで、かなり好みは出やすい味。(似た味かつもっとパワフルなので)ドクターペッパーが苦手な人だと多分無理なんじゃないかなと思います。

ネタ的に一度は飲んでみたい飲み物としては結構オススメ。


【メーカー】:A&W
【購入場所】:大須にある沖縄物産展

ルートビアを・・・
amazonでさがす
楽天市場でさがす

・成分表と原材料

ルートビア5

【原材料表の部分】
炭酸水、コーンシロップ、カラメル色素、保存料(安息香酸Na)、香料、乳化剤(キラヤ抽出物)
ルートビア6

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする