今日の飲み物:「北海道日高乳業クリームコーヒー」を飲む!

第222回北海道日高乳業クリームコーヒー

北海道日高乳業クリームコーヒー1

まずはカップを手に取り見てみると・・・リフレカップの製造で、北海道日高乳業が発売元、そして販売者が南日本酪農協同といった何だかごちゃごちゃとしたコーヒー牛乳。

実のところ、この北海道日高乳業と南日本酪農協同は実は関連会社。それぞれのメーカーから「ヨーグルッペ」という同じ飲み物が出ていたりします。なので、ヨーグルッペには日高乳業バージョンと南日本酪農協同バージョンがそれぞれパッケージ違いで出てるのも特徴。

ちなみに南日本酪農協同というと、ヨーグルッペだけでなく、高千穂牧場のシリーズやスコール等の有名どころも出しているメーカーです。

高千穂のカフェオレも好きなので、意外と期待できそうなコーヒー牛乳かも。

・特徴など

内容量180mlのチルドカップ入り乳飲料。

北海道の日高乳業というだけあってか、北海道産生クリームが使用されているようです。

カロリーは1本当り141kcal。

北海道日高乳業クリームコーヒー2

・とりあえず開封!

北海道日高乳業クリームコーヒー3

・グラスに注いでみる!

見るからにミルク感のありそうな質感で、これぞコーヒー牛乳といえそうな見た目でもあります。

北海道日高乳業クリームコーヒー4

・のども渇いてきたので、さっそく飲んでみる!

甘味がなかなか強いけど、ミルク感も力強い感じなので、甘ったるくならずにいい感じにマッチしております。甘いコーヒー牛乳というと、やはり、雪印やグリコのド甘いコーヒー牛乳たちと比較したくなるのですが、それらと比べると・・・

クドくない(`・ω・´)

コーヒー感もそこそこ、ミルク感ガッツリのバランスのおかげなのか、実に飲みやすい!

甘いけど甘すぎず、濃いけど濃すぎずといった、変にエッジがかった所のないストレートなウマイ味。

お気に入り度的には4.4点といったところ。コーヒー牛乳好きなのもあるけど、かなり好み。

長時間運転した時、よく甘いものを飲みたくなるのですが、そういったシーンで飲んだら凄くウマそうな予感のするコーヒー牛乳です。


【メーカー】:リフレカップ株式会社
【購入場所】:スーパー
【購入金額】:137円(外税)

お気に入り度(5段階) ★★★★  (4.4点)
栄養成分表示(180ml)当たり
エネルギー:141kcal 炭水化物:17.2g
たんぱく質:4.9g 食塩相当量:0.3g
脂  質:5.8g

【原材料表の部分】
脱脂粉乳、クリーム、砂糖、コーヒー/乳化剤、香料、pH調整剤、メタリン酸Na
北海道日高乳業クリームコーヒー5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする